ウォーターサーバーには電気代がかかる

大抵のウォーターサーバーは、電力を使用して冷水や温水を作ります。そして、基本的にはコンセントは差しっぱなしにしておくため、常に電力を消費することとなります。したがって、ウォーターサーバーのコストを考える場合は、サーバーのレンタル代や水の料金だけでなく、電気代もしっかり計算に入れましょう。電気代がどのくらいかかるのかは、ウォーターサーバーの種類と使用頻度によって変わります。けれど、特別な使い方をしない限り、高くても月に2千円を超えることはないでしょう。大体500円から1500円の間に収まります。ただ、塵も積もれば山となるということで、長期的に使用すれば大きな差になり得ます。そのため、なるべく安く済ませたいのであれば、消費電力を抑える工夫をした方が良いでしょう。

電気代を抑えるための工夫

ウォーターサーバーの電気代を抑えるためには、どのサーバーを選ぶかが重要です。当然のことですが、消費電力が少なければそれだけ電気代が少なくなります。そのため、電気代を抑えることを優先するのであれば、消費電力が少ないものを選ぶと良いでしょう。また、ウォーターサーバーの中には、使用しない間は省電力モードになるタイプもあります。それを選択すれば、コンセントを繋ぎっぱなしであっても電気代がかかりにくくなります。

さらに、ウォーターサーバーの置く場所を工夫することでも、電気代を抑えられる可能性があります。ウォーターサーバーでは冷水を使用することが多いですが、ボトルが剥き出しになっているタイプだと、日光によって水が温まります。そうすると、冷水を作るためにより多くの電力を必要とします。その電力を少なくするためには、水が温まらないように日光が当たりにくい場所に設置すると良いでしょう。

水のサーバーを契約すると、水を買い出しに行く必要がなくなり、毎日新鮮でおいしくて体に良い水が飲めるようになります。